もうすぐテスト週間。死ぬ気で頑張りますw


by gtp-mikan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

市民電子会議室について

難しいテーマ2つを残してしまいました…すぐに取り掛からなかった自分が悪いってのは分かってますが。
てなわけで、今日は「Theme03:市民の電子的な“議論の場”をどう作るのか」についてのエントリーです。

インターネットを利用して「議論の場」というものを作る事は、これからの情報社会を形成していく上でも、必要不可欠で、市民電子会議室が誕生したのも当然と言えば当然なのかもしれません。しかし、この市民電子会議室、果たして全国中でどれだけの市町村が上手く活用し、運営できているのでしょうか?詳しい統計データが載っているサイトが無かったので、絶対とは言えませんが、恐らく有効に活用できている市町村というのは多くないと思います。

そこで、どのようにすれば市民電子会議室が「議論の場」として活用されるのかという点ですが、有効に活用されていると思われる市の市民電子会議室を例に考えてみようと思います。「市民電子会議室」検索して、最初の10件で4件もあった藤沢市(神奈川県)を例にします。この藤沢市の市民電子会議室、授業でも紹介されたましたが、他の市民電子会議室に比べコメントの数が全く違います。今日(7月27日)見ただけでも既に10近くのコメントが寄せられてます(16時現在)。他の市民電子会議室を見ると、1週間に1回とか、数ヶ月に1回のコメントしか来てない市民電子会議室もあります。これで果たして市民電子会議室が活用されているのか?と言いたくなるほどです。
藤沢市の市民電子会議室を見て、市民電子会議室を活性化させる最低条件として、
・登録は無料。登録の際の個人情報の取り扱いについてしっかりとした説明をする。
・誰でも会議室、そこに書かれているコメントが読めるようにする。

このような事を義務付けている市民電子会議室が殆どだとは思いますが、やはりこれがなければ市民電子会議室としての意味は成り立たないでしょう。藤沢市がこれだけ市民電子会議室を活用できているのは、もっと他に理由があるはずですが。あとは、市民の積極的な参加ですね。藤沢市の方々は積極的に市政に参加する意欲があるのか、それとも…

何だかグダグダになってしまいました。余裕があったらまたエントリーできればと思ってます。う~ん、この問題難しいですね…

藤沢市市民電子会議室インデックスページ
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/~denshi/
[PR]
by gtp-mikan | 2006-07-27 16:16 | 電子会議室